【RPDRシーズン12】タイプ別クイーン紹介!【勝つのは誰!?】

【RPDRシーズン12】タイプ別クイーン紹介!【勝つのは誰!?】

今期は史上最高にハイレベル!

こんにちは、ビリーです。
いやあ、公開されて数日で全部見ちゃいましたよ~~シーズン12、やっばいですね!
この記事では私の独断と偏見でクイーンたちをタイプ分け【異論は認める】をしてみましたので、お楽しみください♡

※もろネタバレ含みます!※

美貌、個性、人格…魅力の形はいろいろ!

突然ですが、ルポールのドラァグレースのクイーンたちには、長年にわたり出来上がってきた「クイーンのタイプ」の概念があります!

分かりやすいところでいうと…
□ファッション・クイーン
□コメディ・クイーン
□個性派クイーン(WiredやOdd)

などなど…

もちろん複数の強みを持ち合わせている人ほど勝率はあがりますが、
万能すぎると「弱みを見せなさい」と言われたり、難しい世界です…。
それぞれの個性に応じて、コンペでの戦い方も変わってきます!

即・脱落はだれか?

シーズン12の特徴として、とにかく全員レベルが高い!というのがあります。
つまるところ、下記のような「脱落の香りのするクイーン」が少なかったのです。
□明らかに服飾・ヘアメイクなどにしか強みがなく、話すと残念
□体を張ったパフォーマンス一本で生きてきて、服がチープでダサい
□器用になんでもできてパーソナリティが見えない

シーズン12にもなると「そもそも番組を全部見てきました」というクイーンばかりになるので、当然自分が苦手だと思われそうな部分では特に力を入れてきます。
そんな背景もあり、出場者は熾烈な王座争いを繰り広げてくれました!

12人は全部で4タイプ!

フィナーレまで見たうえでビリーの分析で、こんなチームに分けてみました。
デデン!

もちろん正解なんてものはないのですが、どうでしょうか?
「コメディ・クイーン」を選ぶにはみんなそれなりに面白くて、「見た目だけクイーン」を選ぶにはみんなステージも頑張っていて、こんな形になりました(笑)

最高に美しい+α♡クイーンたち

ジジ・グッド、ニッキー・ドール、ダリア・シン、そして優勝したジェイダ・エッセンス・ホールは、明らかに見た目の麗しさがずば抜けていましたね!

なかでも、ジジとニッキーの2人はハイファッションそのもの!
初回のランウェイのミニ・チャレンジでもslayしてました…

ジジはステージ衣装を作る仕事をしているお母さまの作品が多く、抜群のスタイルの彼女のためにカスタムメイドされたルックがいつも最高に似合っていました!

ニッキーの服もいつも目を引くもので、テーマにギリシャ神話があったり、ジャンヌダルクが出てきたり、ヨーロピアンなテイストはドラァグの新風となっていました✨

ジェイダは、上の2人に比べると「見たことない!オリジナルだ!」とは思わない服が多いのですが、代わりにひたすらにゴージャスなんです…
アフリカ系の肌の色に合うパープルやゴールドを完璧に把握していて、ヒール高さもボディコンスタイルも、美の至上主義者。

このクイーンたちの驚くべき点は、みんな美しいうえに中身も面白かったこと!
ジジの演技チャレンジでのユーモア、ジェイダの選挙回でのフレーズ「look over there!」などは爆笑ものでした。
ニッキーもルーツを生かした独特の観点があり、話し方も魅力的でしたね。

唯一もう少し中身が見たかったのは、ダリアでしょうか…
はやめに脱落してからもブロッコリーとしてカメオ出演していたので、おもしろい路線も生かして活躍するといいですね!

ちなみにこういった麗しくかつパーソナリティも磨いているルック・クイーンたちをもっと知りたいという方は、過去11シーズンに探しに出かけると、まだまだたくさんいますよ~!(いつかこの記事も書きたいですね)
「ランウェイだけじゃなくてもっと個性を見せて!」と要求され苦悩する姿はこのクイーンたち特有の悩みですよね…
よつこが書いてくれたアクエリアの推し記事もおすすめです💎

やはり手ごわいステージ勢

シアターバックグラウンドがあるクイーンおじさんたち、なんでこんなにゴリゴリなの!?

…すみません、心の叫びでした(笑)
毎シーズンいると思うのですが、毎晩ショーをやってスタンドアップコメディの腕が抜群だったり、オフ・ブロードウェイの出演経験があったり、演劇の学校を卒業していたりと、そういう経歴のあるクイーンたちは、ものすごい存在感があります!ドドン!

シーズン12では、圧倒的にシェリーパイがその枠でしたが、失格だったので除外したとして…
ウィドウとブリタもここに入ると思います。見てくださいこの貫禄!!

面白い役をやらせればカンペキにこなしてくれるし、歌えばしっかりお腹から声が出るし、喧嘩しても強いし、笑い声がワークルームに響き渡ります(笑)
しかし演技系チャレンジでは「これは自分の得意分野だから」と気張りすぎて上手くいかないことも多々あり、レースの過酷さを物語っています。

彼らはルック・クイーンたちとは逆に、「もっとメイクを繊細に」とか「ウエストを絞って」とか「ドレスのバリエーションを」と要求されることが多いので、そこの成長が勝ち残りに大事です…!

経験が長いことが多いステージ勢は、心くじけてしまったほかの出場者をおおらかに受け入れたり、逆に全体をかき回したりと、面白いシーズンに欠かせない愛すべき存在です🌻

みんな大好き!和ませタイプ

ルポールのドラァグレースは、「ミス・コンジニアリティ=好感度賞」という部門が優勝以外にあるほど、人柄もみんなに知れ渡ってしまう番組です。

シーズン12では、とくにジャンとハイディが、クスクス笑わせてくれたり、ピュアな気持ちを思い出させてくれる存在だったと思います。

年齢が若いことで不安定になることもありますが、なんだんかんだ高校のクラスで委員長が泣いているのを見ている感じの気持ちになり、あまりドロドロしたことにはなりません。

ワークルームが身の上話で重い空気になったり、チームチャレンジが地獄の雰囲気になってしまったとき、素直にピーピー言ってくれるのがこのタイプ(笑)

シーズン6でいうとアドーレ・デラノタイプ!?
ビアンカ・デル・リオなどのように、深い一言で場を収めてくれる力はありませんが…その純な気持ちにみんな惹かれてしまいます。

大本命!個性が唯一無二のクイーンたち

ドラァグレースでは過去にも変わっている個性派クイーンが、麗しいクイーンやパフォーマンス力の高いクイーンを差し置いて優勝することが数々ありました。
シャロン・ニードルズ、ジンクス・モンスーン、サシャ・ベロア…昨シーズンのイヴィ・オドリィは記憶に新しいですね!

シーズン12でも、ジャッキー・コックス、クリスタル・メソッド、エイデン・ゼイン、ロック・M・サクラなど個性派クイーンが勢ぞろいしていました!

メイクは語る!

個性派といえば「シグニチャー・メイク」(ビリーが勝手にそう呼んでいるだけですが)があるクイーンが多いと思います。
つまり一目見ただけでその人のドラァグだと分かる特徴的な化粧です。

↑クリスタルとサクラの間に並べてみて気が付きましたが、エイデンは白目拡張系ともまた違う個性がありますね。
孤高の引きこもりちゃんというパーソナリティが危なっかしくて、魅力的でしたね。

過去のクイーンだと、キム・チーやトリクシー・マテルサシャがその代表だと思いますが、個性を主張する記号をひとつ持っているのは強いですよね~

一方で「それ以外を見せてほしい」という批評も必ず付いて回るので、そこが成長ポイントです。

Crystal Methyd

シーズン12のクリスタルは、ドラァグは「自信のある心地よい状態でいられる方法」であると話し、さらに過剰なメイクによって「クリスタルの後ろに隠れられる」という心理的な効果もあると語っていました。
番組が進むにつれ、メイクを進化させていって、より自信をもった状態の自分をさらけ出し表現していった姿は本当に素晴らしかったです!

↓キャラクターを保ちながら、より素顔に近いメイクになっているの、分かりますか??

美しさだけでなく遊び心満点な型破りドラァグはクリスタルのスタイルの魅力!
いつもパーティーに来たかのような気持ちにさせてくれるドラァグは彼の明るい性格ならではだと思います。
アートなクリエイティビティが作り上げられていく様子は動画でも👀

Rock M Sakura

個性のあるクイーンのメイクには人それぞれ主張や理由があります。
たとえばロック・M・サクラは、繊細で、楽しい人で、そして大のアニメ好き
そこに加えて、「アジア人はもとから顔が女性的だからメイクが楽でいいわよね」というクイー業界での嫌味に対抗して、メイクの魔術師になってやろうという気概もあったと語っています。胸を打つエピソードですよね。

Jackie Cox

ジャッキーはシグニチャー・メイクがあるわけではありませんが、パッと見て彼女を見逃すこともできません(笑)
頭の回転が速く、歴史的な知識も豊富で、しかもクイーンとして本当に珍しいペルシャ系の移民。彼女のコミュニケーションは常に深みのある発言にあふれていて、「自分の見せ方を分かっている」強いクイーンでした。
下の毛用のカツラという謎商品を売り出そうとしたときのペルシャ風CMもかなり良かったですね!

ビリーは個人的にジャッキー大好きだったので、単体で記事書きたいと思ってます😉

強かったのは見目麗し+α勢

結局ファイナルに残ったのは、ジェイダ、ジジ、クリスタルだったと思うと、やっぱりファッション勢は強いですね~~
「カリスマ・個性・度胸・タレント」を競うこのレース、十人十色の戦い方はやっぱり魅力的です。
これから見る人も、見終わってしまった人も、自分の好きなタイプはどんなクイーンか?考えてみてくださいね🎊!